薄毛対策にはミノキシジルが有効


薄毛対策に有効な成分にミノキシジルがあります。これは元々は高血圧の治療に用いられていたものですが、発毛作用があることが分かったため、薄毛対策用の薬も開発されるようになりました。発毛作用が起きる理由には血管を拡張して頭皮の血流が良くなるためなどの推測があります。
ミノキシジルは外用薬として育毛剤などで頭皮から吸収させる利用方法があります。安全な方法ですが、副作用で頭皮が荒れることもあるので注意しましょう。
ただし、育毛剤で頭皮が荒れる原因がミノキシジルではないこともあるので確認が必要です。育毛剤には様々な成分が含まれているため、溶剤などでアレルギー反応が出ることがあります。
この場合は他の製品に切り替えると副作用が出なくなることがあります。
ミノキシジルはタブレットで内服する利用方法もあります。こちらの方が成分が血液を通って頭皮に行き渡りやすくなるので効果が高くなりますが、いくつか注意点があります。育毛剤では頭皮だけに吸収させることができますが、内服薬では成分が全身に回ってしまうため、頭皮以外でも発毛作用が見られるので、特に女性は気になるところです。
また、タブレットは高血圧の治療用に用いられるもので、薄毛対策の薬としては認められていない利用方法になります。低血圧の人が服用した場合、血圧が下がりすぎてしまう危険性があるので利用は避けた方が良いでしょう。効き目は体質によって変わるため、低血圧でなくても服用して気分が悪くなることがあるので、異常を感じたときは利用を中止しなければなりません。
内服する場合には副作用に注意が必要ですが、ミノキシジル発毛効果が高いので薄毛対策として良く使われる成分です。育毛剤として利用するのであれば、女性でも気になるような副作用はないので安心して使えます。また、脱毛を抑えるプロペシアとは薄毛の改善方法が異なっており、悪影響を及ぼすこともないため、男性型脱毛症AGAの治療ではこの2つを組み合わせることも多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です