薄毛の仕組みと原因:ストレス


近年では薄毛に悩む人が多く、男女のどちらにでも知らないうちに髪の毛が抜けたり、成長せず産毛のまま地肌が目立ってしまう問題が多いようです。昔は中高年の男性に多い問題でしたが、いまでは20代や30代でも目立つこともあり、年代に問わず悩みの種となっています。薄毛の原因は現代社会のストレスや髪を傷めるおそれのあるヘアカラー、間違ったシャンプーの仕方など色々と言われていますが、最も多い問題がホルモンバランスです。
男性の薄毛の場合は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと毛乳頭に存在する還元酵素5αリダクターゼが結合することによりジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンはヒゲを濃くする働きがあるのですが、頭皮に存在することで髪の毛の成長を阻害して脱毛しやすくしてしまうのです。
このホルモンは男性だけでなく女性にも少ないですが存在しており、同じように影響を受けることで毛髪が抜け落ちてしまいます。しかし、男性と女性とではその結果が異なっていて、男性の場合は前頭部から頭頂部にかけてまとめて抜け落ちるのに対し、女性は頭部全体が少しずつ抜けてすかすかの頭髪になります。
この違いは女性ホルモンに関わっていて、エストロゲンと呼ばれるホルモンが髪の毛を成長させ抜けにくくすることから極端に抜け落ちるということを防いでいます。ここで重要なのは男性ホルモンにしても女性ホルモンにしてもバランスが重要であるということです。男女どちらのホルモンも必ず存在しているので、薄毛に悩む人は女性ホルモンの分泌を増やす努力をすると進行を抑制することができるはずです。
手っ取り早く増やす方法として、エストロゲン様作用を持つイソフラボンを食事で摂取すると可能性は高まります。イソフラボンは豆腐や納豆など豆類、もやし、黄ニラ、ドクダミなどに含まれます。女性の場合は食事制限や極端な運動によってホルモンの分泌が抑えられてしまうので、健康的な生活を送ると改善されると言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です