薄毛の原因:ヘアケア


薄毛を促進する三大原因のひとつに誤ったヘアケアが挙げられます。
悪いヘアケアの特徴に、まず地肌に合わないシャンプーを使用することです。人それぞれ肌質は違っていますので、本来は自身の肌に合う物を用意しなければいけません。しかしながら適当に選んでしまったり、家族が使っている物を一緒に使うなどする例も多いのです。もし頭皮に合わない物ですと負担になる恐れがありますし、時には薄毛を促進させてしまう原因にもなりますので、自身の肌質を知ると共に適したシャンプーを使っていかなければいけません。
洗い方が良くないのも薄毛リスクを高めます。シャンプーをする際によくやってしまうのがごしごし洗いかと思われますが、力を入れてごしごしと擦るようにして洗うと地肌を傷めてしまいます。また、無用な刺激を与えてしまうと皮脂が出やすくなりますし、過剰な皮脂は毛穴詰まりを発生させて抜け毛を起こしやすくさせてしまうのです。頭皮も顔の肌をケアする時のように優しく洗うことが大切ですので、やたらに力を入れてシャンプーをするのは控えた方が良いでしょう。
洗いすぎも厳禁です。頭皮は汚れやすい傾向がありますのでしっかりと洗いたいという意識を持つ方は多いです。確かに汚れを残してしまうのも良くありませんので十分に洗うことは大切と言えます。ただ、だからといって洗いすぎになってしまうと今度は頭皮に必要な皮脂まで奪ってしまう恐れがあるのです。皮脂は薄毛を促進する原因になる一方で、頭皮を守るための大切なバリアでもありますので、適度に残すことが大切です。ですから過剰に洗ってしまうのは逆効果であり注意しなければいけません。
すすぎをしっかりとやらないのも薄毛リスクを高めます。シャンプーやコンディショナーを使用した後は十分にすすぐことが大事なのですが、しかしすすぎが甘くなってしまう例も少なくないようです。シャンプーなどに含まれる化学成分が残留するのは頭皮によって良くないですから、残さないように念入りに流すことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です