薄毛の仕組みと原因:生活習慣


薄毛は遺伝だけが原因ではありません。生活習慣によって悪化することがあります。例えばジャンクフードをたくさん食べることです。脂っこい食べ物や砂糖をたっぷり含んだ食べ物は、血液をドロドロにします。
血行が悪くなると頭皮や髪の毛に栄養が届かなくなることで、栄養不足に陥って抜け毛が増えます。ジャンクフードばかり食べている人は肥満になりやすいですが、肥満の人は皮脂の分泌も増えるため頭皮の毛穴が詰まって髪の毛の成長の悪いです。
太っている人はダイエットすることで薄毛が改善することがあります。反対にダイエットをすることが薄毛のきっかけになる場合があります。若い女性の薄毛に多いのがダイエットで、早く痩せるために厳しい食事制限をしているケースです。ビタミンやミネラル、タンパク質といった髪の毛に必要な栄養素が足りなくなります。
またホルモンバランスが崩れて男性ホルモンが増えると、抜け毛が促進されます。体重をコントロールすることは大切ですが、栄養バランスの整った食事と適度な運動によるダイエットでないと健康や美容を維持できません。
またシャンプーも間違った方法を繰り返している可能性があります。シャンプーは毛穴詰まりを解消するのに重要ですが、ゴシゴシと洗って頭皮を傷つけたり、何回もシャンプーすることで頭皮の乾燥を引き起こしたりする人がいます。
界面活性剤を使ったシャンプーは刺激が強いので、アミノ酸系シャンプーを買って優しく洗髪するのがポイントです。タバコを吸うことも薄毛につながります。タバコに含まれるニコチンは血管を収縮して血流を悪化させ、一酸化炭素は酸素不足を招きます。
タバコの有害物質を解毒するのは肝臓ですが、有害物質が多すぎると肝機能が低下して全身の代謝が追いつかなくなります。さらにAGAの原因であるジヒドロテストステロンを増やすことが分かっているので、タバコをたくさん吸う人ほど頭頂部が薄くなりやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です