薄毛の仕組みと原因:ストレス


近年では薄毛に悩む人が多く、男女のどちらにでも知らないうちに髪の毛が抜けたり、成長せず産毛のまま地肌が目立ってしまう問題が多いようです。昔は中高年の男性に多い問題でしたが、いまでは20代や30代でも目立つこともあり、年代に問わず悩みの種となっています。薄毛の原因は現代社会のストレスや髪を傷めるおそれのあるヘアカラー、間違ったシャンプーの仕方など色々と言われていますが、最も多い問題がホルモンバランスです。
男性の薄毛の場合は、テストステロンと呼ばれる男性ホルモンと毛乳頭に存在する還元酵素5αリダクターゼが結合することによりジヒドロテストステロンと呼ばれるホルモンに変化します。このジヒドロテストステロンはヒゲを濃くする働きがあるのですが、頭皮に存在することで髪の毛の成長を阻害して脱毛しやすくしてしまうのです。
このホルモンは男性だけでなく女性にも少ないですが存在しており、同じように影響を受けることで毛髪が抜け落ちてしまいます。しかし、男性と女性とではその結果が異なっていて、男性の場合は前頭部から頭頂部にかけてまとめて抜け落ちるのに対し、女性は頭部全体が少しずつ抜けてすかすかの頭髪になります。
この違いは女性ホルモンに関わっていて、エストロゲンと呼ばれるホルモンが髪の毛を成長させ抜けにくくすることから極端に抜け落ちるということを防いでいます。ここで重要なのは男性ホルモンにしても女性ホルモンにしてもバランスが重要であるということです。男女どちらのホルモンも必ず存在しているので、薄毛に悩む人は女性ホルモンの分泌を増やす努力をすると進行を抑制することができるはずです。
手っ取り早く増やす方法として、エストロゲン様作用を持つイソフラボンを食事で摂取すると可能性は高まります。イソフラボンは豆腐や納豆など豆類、もやし、黄ニラ、ドクダミなどに含まれます。女性の場合は食事制限や極端な運動によってホルモンの分泌が抑えられてしまうので、健康的な生活を送ると改善されると言われています。

薄毛対策にはミノキシジルが有効


薄毛対策に有効な成分にミノキシジルがあります。これは元々は高血圧の治療に用いられていたものですが、発毛作用があることが分かったため、薄毛対策用の薬も開発されるようになりました。発毛作用が起きる理由には血管を拡張して頭皮の血流が良くなるためなどの推測があります。
ミノキシジルは外用薬として育毛剤などで頭皮から吸収させる利用方法があります。安全な方法ですが、副作用で頭皮が荒れることもあるので注意しましょう。
ただし、育毛剤で頭皮が荒れる原因がミノキシジルではないこともあるので確認が必要です。育毛剤には様々な成分が含まれているため、溶剤などでアレルギー反応が出ることがあります。
この場合は他の製品に切り替えると副作用が出なくなることがあります。
ミノキシジルはタブレットで内服する利用方法もあります。こちらの方が成分が血液を通って頭皮に行き渡りやすくなるので効果が高くなりますが、いくつか注意点があります。育毛剤では頭皮だけに吸収させることができますが、内服薬では成分が全身に回ってしまうため、頭皮以外でも発毛作用が見られるので、特に女性は気になるところです。
また、タブレットは高血圧の治療用に用いられるもので、薄毛対策の薬としては認められていない利用方法になります。低血圧の人が服用した場合、血圧が下がりすぎてしまう危険性があるので利用は避けた方が良いでしょう。効き目は体質によって変わるため、低血圧でなくても服用して気分が悪くなることがあるので、異常を感じたときは利用を中止しなければなりません。
内服する場合には副作用に注意が必要ですが、ミノキシジル発毛効果が高いので薄毛対策として良く使われる成分です。育毛剤として利用するのであれば、女性でも気になるような副作用はないので安心して使えます。また、脱毛を抑えるプロペシアとは薄毛の改善方法が異なっており、悪影響を及ぼすこともないため、男性型脱毛症AGAの治療ではこの2つを組み合わせることも多いです。

薄毛対策にはコラーゲンが有効


薄毛で悩んでいる方にとって、薄毛対策はもはや死活問題とも言えるほど重要なことだと思いますが、実際は何をやってもどんなにお金をつぎ込んでもなかなかうまく毛が増えないという方が多いようです。
どうしても、毛はお風呂に入った時や寝ている間、また生活していて動いている間は必ず抜けてしまうものですから防ぎようがないですよね。悩んでいる方ほど聞いていただきたいのですが、実は薄毛にはコラーゲンが効果を発揮するという研究結果が出ているんです。
コラーゲンというと、一昔前に化粧品に配合されたことで一気に人気が高まり、コラーゲンドリンクやサプリなど様々なものが販売されるようになりました。コラーゲンは人体にとって非常に重要な成分だということが分かり、今では一過性のブームではなく、年齢を重ねた人ほど摂らなければいけないものだと認識されるものにまでなりました。
なぜコラーゲンが薄毛に効くかですが、コラーゲンというのは実は真皮、靱帯、腱、骨、軟骨などを構成するタンパク質のひとつで、人間であれば全タンパク質のほぼ30%を占める程多い成分だと言われています。
ところが、二十歳頃を境にどんどん減少してくるものでもあります。シワが増えたり肌ツヤが無くなったり、髪の毛もパサパサになったり抜け毛が増えるというのは実はこれに関係していることなんですよね。ですから、不足すると髪の毛が抜けていくというのは自然なことなんです。その証拠に、年を取るにつれて髪の毛が増える人っていませんよね。
ですから、コラーゲンをより多く摂取することが薄手にも効果を発揮してくれるというのは自然なことではあるのですが、もちろん多く摂取したからといって、急に髪の毛が増えるというわけではありませんが、摂取を日頃から心がけることによって効果を実感する人も多いですので、試してみる価値はありそうです。また、髪の毛が太くなったりツヤが出たという方もいますので、ぜひ試してみてください。

薄毛の仕組みと原因:遺伝

薄毛に悩む人は少なくありません。男性だけの悩みのように思えますが、女性でも悩んでいる人は意外に多いものです。そもそも人間の毛は、発毛してから抜け落ちるまでのサイクルがあります。発毛後は成長期に入り、その後退行期、そして休止期を経て再び成長期に入ることを繰り返します。しかし、何らかの原因でこのサイクルに異常が生じ、休止期から成長期に移行しない状態となってしまいます。
これにより新たな発毛が発生せず、結果薄毛となってしまうのです。その原因には様々なものがあります。まず代表的なものには『ストレス』があります。ストレスによって自律神経が乱れ、さらには交感神経が働くことによって常に緊張状態となります。
これによって頭皮の血管が収縮してしまい、その結果血行不良が起きるのです。血行は発毛・育毛には欠かせないものです。血行により栄養素が行き届かなくなり、発毛や育毛の障害となってしまうのです。
これ以外にも『食生活の乱れ』及び『不規則な生活習慣』といった生活状況が原因であるものや、『頭蓋骨の広がりによって頭皮の血管が圧迫される』ことが原因である場合、さらには『過度な洗髪』や『喫煙』といったものも原因となります。
そして、よく知られているものが『遺伝』が原因によるものです。父子そろって薄毛であることは少なくありません。この遺伝による薄毛の一番の要因は男性ホルモンです。男性ホルモンの種類によっては抜け毛が増加し、育毛が妨げられるのですが、この男性ホルモンの量については実は遺伝により決まってしまうのです。
これが『薄毛は遺伝である』ということの原因となっているのです。ただし、この遺伝による薄毛は男性に多くみられるものです。女性の薄毛もホルモンが要因となる場合が多いのですが、これは男性ホルモンではなく女性ホルモンによるものです。
女性ホルモンのバランスの変化の原因としては、遺伝よりも妊娠・出産によるものや、加齢によるものがあり、遺伝による影響は少ないと考えられます。ただし、親が薄毛であるからといって、全ての人に遺伝するわけではありません。